キャッシングで損をしないための重要ポイント:必要な書類

個人向けの無担保キャッシングの多くは、安定した収入を持つ20歳以上の人という事を審査申し込みの条件としています。アルバイトや派遣社員で収入がある人は、この条件を満たすと認識されています。審査申し込みの際の必要書類は、本人確認を行うための運転免許証や健康保険証1点のみです。担保や保証人を準備する必要はありません。緩和された申し込み条件であり、審査手続きも簡単という事が無担保キャッシングの魅力です。

さらに審査時間も非常に短くなっており、審査に申し込みを行った当日中の利用も十分期待できます。使用範囲は、事業目的での資金以外は自由としているケースが多いので、様々な目的で利用する事が出来ます。お金がどうしても急に必要となった場合の利用に向いている商品内容です。

このように多様な魅力を持つキャッシングですが、金利は担保を必要とする商品と比べた場合には高めに設定されています。金利が高い商品を長期間利用すると返済額も大きくなります。簡単に借りる事が出来るという事から、複数の業者のキャッシングを利用している人も少なくはありません。返済が困難となりトラブルに陥る人が増加した事から施行されたのが総量規制という規則です。

総量規制は消費者金融等のキャッシングを対象とした規則で、借入総量は年収の3分の1以内に制限するという内容です。このために、借入希望額や他の業者からの借入が大きい場合は審査時に給与明細書や源泉徴収票等の年収を証明するための書類が求められるケースがあります。年収の3分の1に達していないという事を、証明しなければならないからです。